LINEを乗っ取りされる原因は?乗っ取りされないための対処法とは?

スマホを使っていたら、まずは入れておきたいアプリなのがLINEです。

LINEは日本国内だけでも7,000万人以上の人が使っている、もはや生活に欠かせない定番アプリになっていますよね。

その魅力何と言っても気軽にメッセージを送れることや、スタンプを送ってやり取りできることですよね。

そんなLINEですが近頃、LINEアカウントが乗っ取られると言ったなりすましの詐欺被害が一部のユーザーの間で起こっているというのです。

できればそんなLINEアカウントの乗っ取りなんて言う危険なことには巻き込まれたくないですよね。

ここではLINEを乗っ取りされる原因や、不正に利用されないための対処法について見ていきたいと思います。

LINEアカウントを乗っ取りされる原因はなに?

 

通常LINEは携帯電話の番号と連動しているので、普通に考えると知らない相手から不正にログインされるようなことはありません。

ではLINEアカウントの不正ログインはどのような手口で行われていたのでしょうか。

ここからはその不正ログインの手口について詳しく見ていきたいと思います。

LINEアカウントを乗っ取りされた手口とは?

LINEのアカウントが乗っ取り被害にあってしまう手口にはどのようなものがあるのでしょうか。

どうやら他のネットサービスを利用した時に入力していたメールアドレスやパスワードが流出してしまったことによって起こっているようなのです。

悪質な詐欺業者は不正なサービスユーザーに案内することによって、そこから個人情報であるメールアドレスと、パスワードを抜き取っているです。

LINEアカウントを作る際に使用した、メールアドレスや、パスワードを他のサービスでも使いまわしていたユーザーが、この不正ログイン(乗っ取り)の手口にあっていたのです。

あくまで氷山の一角と思われますが、その被害額は分かっているだけでも数千万以上と言われています。

LINEが不正ログインされるとどうなる?詐欺の手口とは?

このLINEアカウントを乗っ取られる、なりすましの手口は自分だけでなくLINEで繋がっている友だちにも被害が及ぶ可能性があります。

自分のLINEアカウントや、友だちのLINEが乗っ取りにあった場合にはどのような方法で詐欺被害に遭うのでしょうか。

LINEアカウントが不正ログインされた時の状況について見ていきましょう。

自分のLINEアカウントが乗っ取りされた場合

自分のLINEアカウントが乗っ取られる(不正ログイン)と、自分の友だちリストに入っているIDになど手当たり次第メッセージを送りつけていきます。

友だちのリストに、電子マネーの購入や、不正アプリのインストールを促しすメッセージをさんざん送った後には、アカウントを削除されてしまうのです。

いち早くその不正ログインに気づいて、パスワードを変更してしまえば、乗っ取り被害を防げる可能性もあります。

友だちのLINEアカウントが被害にあっている場合

「コンビニでWebMoneyを代わりに買ってきてもらえないかな?」、「このアプリよかったんで入れてみて!」などとLINEの友だちからメッセージが送られてきた場合、その友人はアカウントを乗っ取られている可能性が高いです。

普段と違う言葉使いだったり、お金に関する話題をいきなり話し出した場合は特に警戒して臨んだ方がいいでしょう。

「これって友だちが乗っ取り被害にあっているかも」と思ったら、気づいた時点で電話などを使って本人に教えてあげましょう。

早めの段階ならこの不正ログインによる被害を、最小限に抑えることができるかも知れません。

乗っ取り被害に合わないための対処法とは?

ここまでLINEアカウント乗っ取りの手口について見てきました。

LINEはプライベートに密着しているため、個人情報が多く含まれているはずです。

そんな重要な個人情報を漏洩されたり、詐欺被害に合わないためにも未然に対処していく必要があります。

ここからはLINE乗っ取りを防ぐ対処法について具体的に解説していきたいと思います。

同じパスワードを使いまわさない

このLINEの不正ログインが起こる原因に多いのが、他のネットサービスでもLINEと同じメールアドレスとパスワードを使っていたということです。

なるべく他のサービスを使う時には、パスワードを使いまわさない方がいいでしょう。

このことを意識して普段から実行しておけば不正ログインをされる被害の確率がほぼなくなるはずです。

もし同じパスワードを使いまわしているな、と思い当たるなら早めにLINEのパスワードを推測されにくい物のものに変更しておきましょう。

パスコードロックをオンにしておく

LINEアプリは通常、常にログイン状態になっています。

つまりスマホにどこかで紛失した場合、第三者に簡単に不正アクセスされてしまう可能性が高いです。

そんな時はパスコードロックの設定をオンにしておいた方がいいです。

パスコードロックのやり方は下記の手順で設定することができます。

設定→プライバシー管理→パスコードロック

パスコードロックの設定をオンにしておくことで、LINE起動時にこのパスコード入力が同時に起ち上がります。

このパスコードを入力しないと、LINEにアクセスできなくなる設定です。

設定した最初は面倒に感じるかと思いますが、すぐに慣れてくるかと思います。

このパスコードを設定しておくことで、第三者からの不正ログインを防止することができるんです。

また不正ログイン以外にもプライバシーも守られるというメリットもあります。

ログイン許可設定をオフにしておく

LINEの不正ログインはLINEの設定にある「ログイン許可」をオフにしておくことで、大幅に防ぐことができますよ。

この設定をオフにしておくことで、スマホのLINE以外(PC版・iPad版など)のログインができなくなります。

常時設定をオフにしておいて、他の端末でログインする時は、再度設定をオンに切り替えることでログインすることが可能です。

まとめ

ここまでLINEが乗っ取りされる原因や、その対処法について見てきました。

今回ご紹介した対処法を行うことで、悪質な不正ログインを防ぐことが可能です。

LINEアカウントを乗っ取られると、散々使いまわされた挙句、最終的にはアカウントを削除されてしまいます。

プライバシーを守る意味でも、LINEアカウントを不正利用されないために日頃から注意しておくことが大切です。

LINE IDをGETできる「出会える掲示板ランキング」はこちら

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX