LINEで友だちが消えた?「メンバーがいません」になってる理由とは?

LINEを使っていて、気がついたら友だちが「メンバーがいません」の表示になって消えていた・・・

と、そんな経験をしたことはありませんか?

トークルームから突如、友だちが姿を消してしまった原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

ここではLINEで友だちが消えた原因について解説していきたいと思います。

LINEで友だちが消えたのはブロックされたから?

気になる異性とLINEで会話していい感じだったのに、翌日になったらその相手がLINE上から消えてしまっていたら、あなたはどのように思いますか?

普通だと「もしかして嫌われたのかも・・・」、「ブロックされたのかな・・・」と不安を覚えるのではないでしょうか。

ですがLINEでブロックされたとしても、ぱっと見すぐ相手に分かるようなな表示にはなりません。

トークルームから相手が消えていた場合、LINEのブロック以外のことが考えられるのです。

LINEで友だちが消えてしまった原因とは?

LINEで突如、友だちが消えてしまったとしても相手からのブロックは関係がなさそうです。

ではいったいブロック以外に考えられる原因は何があるのでしょうか?

ここからは友だちがLINEから消えてしまった原因について見ていきましょう。

相手がLINEのアカウントを削除してしまったから

まず考えられるのが、LINEでやり取りしていた相手が、LINEアカウントを削除してしまったと言うことが考えられます。

LINEを使うのがイヤになって退会した人もいれば、スマホの機種変更の際にLINEアカウントの引き継ぎを失敗したケースなども考えられます。

当然その場合、LINEのアカウント自体が消えてしまっているので、相手が友だちリストに表示されることもありません。

LINEアプリが更新した時に起こるエラーの可能性

次に考えられる原因として、LINEが最新版などにアップデートした時に起こってしまったエラーの可能性も考えられます。

LINE上で友だち一人だけでなく、友だちリスト全員が消えてしまっている時にはLINE側で一時的にエラーが起こってしまっているのかもしれません。

確率的には低いですが、万が一このエラーの可能性もあるので注意しておきましょう。

もし、しばらくしても改善されない場合には最悪LINEアプリ再インストールし直さなくてはならないかも・・・

LINEを再インストールした時には、今まで友だちと話したトークの履歴が全て消えてしまうので、出来ればデータのバックアップを取っておいた方がいいかもしれません。

誤って友だちをブロックしてしまった可能性

その次に考えられるのが、逆にこちらが相手を非表示設定や、ブロックをしてしまったのかもしれません。

何らかのLINE操作ミスによって間違って相手をブロックリストに入れてしまった可能性も僅かながら考えられます。

念のため、LINEをのブロックリストに消えてしまった友だちが入っていないか確認しておいた方がいいでしょう。

まとめ

ここまでLINEで友だちが消えた原因について考えられることを見てきました。

LINE側のエラーなどによって起こった不具合なら仕方ありませんが、他の理由も一度考えてみた方がいいでしょう。

もしかすると相手がスマホの機種変更をした際のLINE移行ミスによって起こった不具合のせいも考えられるからです。

相手が何らかの理由でLINEから消えてしまっていたとしても、またLINEアカウントを作って再開すると、電話番号が残っているなら「知り合いかも?」に表示されるはずです。

もしかすると何らかのトラブルによって一時的にLINEを削除してしまっていた可能性もあるので様子を少し見守るようにしておきましょう。

LINE IDをGETできる「出会える掲示板ランキング」はこちら

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX