LINE電話で着信拒否したり、相手から着信拒否されたらどうなるの?

LINEはメッセージ機能だけでなく、通話機能もついていて便利ですよね。

しかもLINEを使用しているなら無料で利用できるのでメッセージ機能同様、この無料通話をよく使ってると言う人も多いのではないでしょうか?

でも、このLINEの無料通話は手軽で便利な反面、話したくない相手から電話が掛かってくることも稀にあります。

そんな時は「面倒なので着信拒否できれば・・・」と思うこともあるはずです・・・

LINEではスマホの電話アプリのように、着信拒否を設定することができるのでしょうか?

ここではLINEで着信拒否したらどうなるのか、逆に相手からLINEで着信拒否されたらどんな感じになるのかを詳しく見ていきたいと思います。

LINEで「友だち全員」を着信拒否する設定とは?

LINEの無料通話機能では、友だちを着信拒否するのに全員と個別に設定する2つの方法があります。

まずは友だち全員を着信拒否してしまう設定方法を解説していきます。

LINEの「その他」に入り、右上にある「設定」をタップします。

「設定」に入ったら、「トーク・通話」をタップ。

「トーク・通話」の中にある「通話の受信許可」(通話の着信許可)が通常オンになっているかと思いますが、今回は着信拒否に設定したいのでオフに切り替えます。

オフに設定を切り替えれば、LINEに登録してある友だち全員からの連絡を全て着信拒否することができます。

この友だち全員の着信拒否の設定ですが、着信拒否していても相手から着信があった場合は、着信の通知が届きます。

後から、誰から着信があったかを確認することができるのは便利ですね。

LINE通話の着信拒否を「個人別」にする設定方法は?

次にLINE通話で個人別に着信拒否する設定について解説していきます。

通常、この着信拒否の設定をする場合、個人ごとに設定することが多いのではないでしょうか。

どちらかと言うと、こちらの個人別に設定する方が利用しやすいと言えます。

それでは個別に着信拒否するための設定について見ていきましょう。

まず「友だち」リストの画面を表示させます。

着信拒否を設定したい友だちの上で長押しから、右から左にスワイプ(スライド)します。

長押し・スワイプすると「非表示」と「ブロック」が画面に表示されます。

ここで「ブロック」を設定します。

これで友だちを個人ごとに着信拒否することが可能です。

ただこの設定にはデメリットがあるのです。

着信拒否したい相手をブロックした場合、相手から着信があってもあなたのLINE側には通知や、なんのメッセージも届かないのです。

なので相手と対面で会うと「電話したのになんで出てくれないの?」と注意される場合があるのでその点は分かった上で利用してくださいね。

相手からLINEで着信拒否されるとどうなるのか?

ここまでLINEで相手を着信拒否する設定について見てきました。

では逆にあなたが相手から着信拒否された場合、ちゃんと相手に通知は表示されるのでしょうか?

もし相手が友だち全員の着信拒否設定をしていた場合だと、ちゃんとその相手に通知が入ります。

もしかすると、その相手から後から折り返しの連絡を貰える可能性があるかもしれません。

ですが、相手があなた個人だけを着信拒否に設定していた場合だと、相手に通知が届くことはありません。

つまり相手もあなたが電話を掛けたことも気付かず、連絡が帰ってくることはないと言うことです。

相手がブロックするということは、何らかの事情があると言うことです。

相手から個別に着信拒否として設定されてしまっている場合には、「なぜブロックされているのか・・・?」と言う理由について考え直す必要があるでしょう。

まとめ

今回はLINEで着信拒否する設定や、逆に着信拒否されたらどうなるのか、などについて解説してきました。

LINEの着信拒否の設定は、簡単にできること、

友だち全員を着信拒否した場合には、通知が届くけど、個別に設定した場合には何の表示もされないと言うことが分かりました。

利用したい場面に応じてこの着信拒否設定を使い分けていきましょう。

LINE IDをGETできる「出会える掲示板ランキング」はこちら

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX