LINEの初期設定の仕方や設定時に注意しておくべきポイントとは?

スマホを使っているなら必ず入れておきたいコミュニケーションアプリの定番としたあるのがLINEです。

友達や恋人と連絡を取るのにこれほど手軽で使えるアプリはなかなかありませんよね。

そんな定番アプリのLINEですが、スマホにインストールした時に行う初期設定はどのようにすればベストなのでしょうか?

ここではLINEを初心者の人向けに、設定の仕方ついて解説していきたいと思います。

まずはLINEをインストールする

LINEを使うには元々スマホ購入時から入っているなら問題ありませんが当然、使い始めるためにはまずインストールからはじめていかなくてはいけません。

スマホのアプリストアにアクセスして、LINEをインストールしたら、次はLINEを使っていくための初期設定を行います。

  • 最初に「LINEユーザーログイン」の画面から「新規作成」をタップします。
  • 利用登録の画面で「電話番号」を入力し「番号認証」をタップします。
  • 利用規約画面で内容を確認したら「同意」をタップ
  • ここで設定した電話番号に問題がなければ「確認」をタップします。
  • スマホの電話番号宛にショートメールが通知されます。
  • ショートメッセージが届いたら4桁の番号を入力して、「次へ」をタップ
  • 「友だち追加設定」の画面にて内容に問題がなければ「次へ」をタップ(後ほど変更は可能です)
  • LINEで使用するための名前を入力できたらアカウント作りは完了です。

LINEはFacebookとは違うので、登録は実名じゃなくても問題ありません。

でもなるべく相手があなたのアカウントを見て、誰だかわかるような名前の設定をしておくことが大切です。

LINEの初期設定時に気を付けたい注意点とは?

LINEをインストールしてからの初期設定ですが、アカウントを作った後からでも項目の変更は可能なので問題はありません。

なので最初はサクッと特に悩まず作ってしまった方がいいと思います。

と言っても特に難しい設定などなく、LINEはこのまま利用することができますよ。

ここからはそのLINE初期設定時の注意点や、特に気を付けて設定しておきたい項目について見ていきたいと思います。

友だち自動追加

友だち自動追加の設定をオフにしておくことで、スマホの電話帳に残っている人からLINEの友だち追加をされなくなります。

友だち自動追加の設定はこの手順で行えます。

設定→友だち→友だち自動追加

スマホの中に保存されている電話帳の中には、もう今後連絡を取らないであろう友人なども残っているかと思います。

そんな今後連絡を取らなそうな相手だとしてもLINEの設定で「友だち自動追加」がオンになっていれば自動的にIDを相手に追加されてしまいます。

プライバシー管理の観点からも、なるべくオフになるよう設定し直しておきましょう。

IDによる友だち追加を許可

IDによる友だち追加を許可をオンにしておくと、見ず知らずの相手からID検索をされて勝手に友達として追加されてしまう可能性があります。

IDによる友だち追加を許可はこちらから設定することが可能です。

設定→プロフィール設定→IDによる友だち追加を許可

確かにID検索は便利な機能かもしれませんが、見ず知らずの相手や、それほど親しくない友だちから友だち追加されたらちょっと面倒かもしれません。

知らない相手から友だちとして追加されるのが煩わしく思うなら、この「IDによる友だち追加を許可」をオフにしておいた方がいいでしょう。

見ず知らずの誰かからのメッセージを届かないようにしておく

LINE上で見ず知らずの相手に友だち追加されて、挙句の果てにはメッセージまで送られてきたら少し面倒ですよね。

もしかしたらそのメッセージを送ってきた相手は悪質な勧誘系の業者かもしれません。

そんな時は、相手からメッセージを送られないよに早めにブロック設定をしておきましょう。

すると相手がどんなにこちらにメッセージを送ってきても、こちらには届かないので安心です。

 

まとめ

ここまでLINEの初期設定の仕方や注意点について見てきました。

LINEアプリはインストールしてからの設定も簡単なのですぐに誰かにメッセージを送ったりして楽しむことができます。

面倒ごとを避けるならなるべくプライバシー関連の設定は入れておいた方が無難です。

初期設定は後からでもすぐに変更することができるので、最初は特に悩むことなくサクッと作ってしまいましょう。

LINE IDをGETできる「出会える掲示板ランキング」はこちら

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX